敷金をもらっておけば原状回復工事の負担が減る

ウーマン

転居に欠かせない作業です

作業員

住環境の劣化を改善します

日常生活に欠かせない住居は、非常に頑丈な構造物です。しかし、どれだけ丈夫であっても、暮らしていれば様々な損傷を与える可能性はあります。賃貸住居で暮らしている場合、その損傷は居住者に責任があります。賃貸住宅の貸主は居住空間を提供する契約を結んでいても、住宅設備の所有権を持っているからです。そのため、退去する際に、現状回復が行われます。住宅設備に損傷を与えて劣化させた住環境を改修工事等を通じて改善する手段が、現状回復です。その結果、貸主は退去者が現れて空室になった賃貸住宅を有効活用して、新しい入居者を獲得しやすくなります。一方で、退去者は生活期間中に住居へ与えた損傷の責任を、現状回復を行うことで解消できます。

仲介業者が人気です

賃貸住宅を利用期間中に住環境が低下する要因は、入居者が及ぼす生活行動だけではありません。時間経過と共に、どのような住宅設備でも品質は劣化するからです。しかし、退去時に低下した住環境の原因を、入居者と痙攣劣化へ明確に分類することは不可能です。原因の所在次第で費用負担の割合は変わりますから、貸主と借主は相手へ責任転嫁を行う場合があります。そのため、客観的な立場で現状回復の判断を行う仲介業者の利用が増えています。一般的に、入居者が費用減額を求めて利用されています。一方で、貸主も退去を円滑にして新しい入居を促進するため、人気です。利用料金は減額の一定割合に設定されていることが多くて負担が軽い点も、利用者を増やしている理由です。