敷金をもらっておけば原状回復工事の負担が減る

ウーマン

退去の際に必要な作業

空き部屋

現状復帰は賃貸契約を解除して、今まで住んでいた賃貸物件を退去するときに、必ず行う必要があります。現状復帰は自分が住んでいた物件を、借りる前の状態にもどす事をいいます。普通に住んでいて劣化をしていってしまう部分に関しては、借主の責任で現状復帰を行う必要がありません。それらは貸主の責任で行われるものだからです。現状復帰には工事が必要になります。それらは借主の責任によって行わなけれればなりません。この際に気をつけなければならないのが、綺麗に現状復帰工事を行う必要があるという事です。壁紙に傷をつけてしまったら、クロスを張替える必要があります。他にも現状復帰を行うとなるとリフォーム技術が必要になりますから、技術力の高い業者を探す必要あります。

現状復帰を専門的に行っている業者も多数あります。それらの業者に依頼すれば完璧な現状復帰を行ってくれます。また、貸主側が現状復帰の業者を手配してくれるケースもあります。貸主側の手配であれば、仮に工事に不手際があったとしても、貸主側の責任になります。ですから、やり直しの手配を自分で行わないで良いというメリットも生まれます。また、賃貸物件を借りる際には敷金を支払っているケースがあります。その敷金をそのまま工事費用に回してくれますから、工事費用が敷金内で済むようであれば再度お金を支払わなくて済みます現状復帰はしっかりと完璧に行わなければなりませんから、自分で手配をするか、貸主や管理会社に手配をしてもらうのかしっかりと考える必要があります。