敷金をもらっておけば原状回復工事の負担が減る

ウーマン

良い状態に戻してから退去

男の人

借り手の義務

借りた物を壊してしまった場合には、返す前に修理をすることが必要となります。これは賃貸住宅においても同じことで、窓を割ったり床に穴をあけたりした場合には、借り手が修理しなければならないのです。また破損ではなく、住んでいる間につけてしまった汚れについても、除去する必要があります。こういった、修理や汚れの除去などを、原状回復といいます。借り手がしっかりと原状回復をおこなってから退去すれば、大家はその賃貸住宅を、すぐに新しい借り手に貸すことが可能となります。借り手による原状回復がおこなわれていなければ、退去後に大家が修理などをすることになります。それに日数がかかれば、それだけ新しい借り手に貸す時期が遅くなります。そのため退去前の原状回復は、借り手の義務とされているのです。

自力または専門業者に依頼

借り手が原状回復をおこなわずに退去した場合、大家は原状回復の作業を、大工や清掃会社などに依頼します。専門業者に任せるわけですから、当然費用がかかるのですが、その費用は大家から借り手に請求されます。つまり借り手は、自力で原状回復をおこなわなかった場合、お金の支払いという形で責任をとることになるわけです。そのため多くの借り手が、退去前に可能な範囲で自力で修理および汚れの除去をおこなっています。それが困難という借り手は、原状回復の専門業者に任せています。昨今では格安料金で引き受ける専門業者が増えてきているので、そういったところに依頼すれば、大家に後日請求される場合よりも、金銭的な負担を少なくすることが可能となるのです。