敷金をもらっておけば原状回復工事の負担が減る

作業者

退去の際に必要な作業

空き部屋

現状復帰は賃貸物件を退去する際に、必ず必要になってきます。借主の責任で行う必要がありますが、貸主や管理会社が工事業者を手配してくれるケースもあります。かかる費用なども考慮して、自分で手配するのか、貸主や管理会社に手配してもらうのか決めましょう。

Read More

良い状態に戻してから退去

男の人

退去前の原状回復は、借り手の義務とされています。大家はその賃貸住宅を、退去後すぐに貸しに出すために、借り手に原状回復を求めているのです。原状回復がおこなわれていなかった場合には、大家はその費用を借り手に請求します。そのため昨今では多くの借り手が、格安料金で作業を引き受ける専門業者に依頼しています。

Read More

大家業の負担を減らす

男性女性

大家業はなかなか大変です

毎月家賃収入が入ってくるようになるという理由で大家業を始める人が増えていますが、大家業というのは想像しているよりもずっと大変な仕事です。賃貸マンションさえ建ててしまえば後は寝てても勝手に家賃が入ってくるようになると思い込んでいる人が多いですが、そんなに甘い仕事ではありません。まず部屋を借りてくれる人を見つけないことには家賃収入を得ることができません。また、上手く賃借人を見つけることができたとしても、期限までに必ず家賃を振り込んでくれる優良賃借人ばかりとは限りません。家賃を払ってくれない人がいる時は、払ってくれるまで何度も督促しなくてはなりません。おまけに、クレームばかり寄せてくる賃借人や、部屋に備え付けてある設備を壊してしまう賃借人もいます。大家はそういったこと全てに対応しなくてはなりませんので、完璧にやろうとすると大変な思いをしてしまうことになります。そのため、最近では大家業を丸ごと全部専門業者に委託するケースが増えてきました。

退去者が出た時は

大家と入居者の間で、部屋の原状回復をめぐるトラブルが発生してしまうことがよくあります。あまりにもトラブルの発生件数が多すぎて、国が原状回復のガイドラインを発表したほどです。原状回復というのは、わかりやすく言うと、部屋を入居前の状態に戻した上で大家に返すということです。ただし、賃借人が原状回復義務を負う範囲が非常に曖昧になっており、しばしばトラブルに発展しています。入居前に大家に敷金を払っている賃借人が多いですが、あの敷金は原状回復費用の引き当てにすることが予定されている金銭です。大家は、賃借人が負担すべき原状回復費用を敷金から差し引き、余ったお金を賃借人に返さなくてはなりません。そのため、賃借人が退去する時には大家も立ち会い、その場で原状回復の範囲を相談するのが原則になっています。ただし、上述した専門業者を利用している場合は、大家自身が退去現場に立ち会う必要がなくなります。賃借人との話し合いや敷金の精算も全てその業者がやってくれますので、大家はとても楽ちんです。

転居に欠かせない作業です

作業員

賃貸住宅では、生活期間中に与えた損傷の責任は入居者にあります。その責任を退去時に解消するために現状回復は行われて、貸主は新しい入居者を確保しやすくなります。両者の責任を明確にするために、仲介業者が利用されています。

Read More